デンバー・ガルザ個展 Phycological Drawing

デンバー・ガルザ個展 Phycological Drawing

2018年10月12日(金) 〜11月9日(金)

土日祝日休廊(10月27・28日は開廊・翌29日休廊)

開館時間 10:00 〜 17:00 入場無料

会場;H∞L Gallery (八戸学院大学短期大学部 幼児保育学科棟内)

この度H∞L Galleryではデンバー・ガルザによる個展「Psychological Drawing」を開催いたします。デンバーは現在、フィリピンの首都マニラをベースに活動している若手アーティストです。  AIR-Hの招へいによって八戸に滞在中のデンバー・ガルザがワークショップをベースに本展を構成しました。本展のタイトルである「Psychological Drawing」とは、様々な種類の心理学的な枠組みを参照しながら対話や調査を通じて、集団意識の現象をアートとしてペインティングやコラージュに表現することです。  心理学とアートの織り成す、そんなデンバー・ガルザの個展をぜひこの機会にご覧ください。

ワークショップ 〜サイコロジカルドローイング〜 事前申込不要

10月12日(金)13:00 〜14:20 / 14:30 〜16:00

心理学的手法を用いたドローイングの制作を通して参加者が自身の内面と向き合うきっかけをつくりだします

 

デンバー・ガルザ Denver Garza

1987年生まれ。マニラ市立大学で心理学を学ぶ。 心理学者として、近代的なふるまいに対する疑問をもとに作品制作を行っている。それは、私たちの社会を形作ったり影響を与えたりしているような儀式や信仰、諸現象に対する世界の反応や作用に対しての懐疑である。

http://denvergarza.tumblr.com

 

[主催]H∞L Gallery

[共催]AIR-H

[協力]Load na Dito、zinezines

[助成]八戸学院大学短期大学部 後援会特別研究助成

平成30年度多文化都市八戸推進事業

チラシPDF

 

H∞L Gallery について

H∞L Gallery (ホールギャラリー)は八戸学院短期大学幼児保育学科棟の学生ホールに設置された多目的展示スペースです。

美術講義で学生が制作した作品、ゼミナール活動や教員の研究成果、地域内外のアーティスト 、表現に携わる全ての人の発表の場です。

学内から情報発信の起点として、学外からもたらされるアイデアの入り口としてこのギャラリーは機能していきます。

instagram

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More

ACCESS

JR駅からのアクセス

  • JR東北新幹線「八戸駅」から車で約30分
  • JR八戸線「本八戸駅」から車で約20分
  • JR八戸線「鮫駅」から車で約15分

 

バス利用の場合

※行き先をクリックすると八戸市営バス通過予定時刻表が表示されます。

 

その他

  • 久慈道 種差海岸階上岳ICから車で約5分
  • 八戸ICから車で約20分
  • 八戸フェリー埠頭から車で約25分
  • 三沢空港から車で約50分

Googleマップ

キャンパス内の道順