「おめでと!」展


 

新入生入学、進級の時期に合わせて、ギャラリー内に桜を模したオブジェを作成。ギャラリーの入口からは、大木を表す壁画が見え、1歩踏み込むと鮮やかな赤やピンク、黄色、白、紫などの花が飾られている。また、スマフォアプリのInstagram、Twitterなどの投稿で、美術を感じてもらえるよう#〇〇 #おめでとう というタグを作成し、学生たちの関心を集めた。その際に、#ホールギャラリー というタグも作成し、写真にタグをつけて投稿すると、ギャラリーに展示するというスマホ世代に馴染みがあり、楽しめるスペースとしてInstagram、Twitterのタイムラインを外面に作成。学生から学生へと広まり、徐々に投稿の数も増え、最終的には壁一面に学生たちの写真が展示された。

身近なSNSを使用し、毎日変化するギャラリーに学生たちも楽しみながら参加していたように感じた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA